空き巣被害から学んだ鍵選びの大切なポイント

昨年空き巣被害に遭ったのですが、そこから学んだ私なりの鍵選びのポイントをご紹介したいと思います。警視庁の発表によると、空き巣の侵入手口で最も多いのは、無施錠の家や窓破りなのだそうです。この報告を伺う限りにおいては、空き巣が無施錠の家を探すこと自体が大変なのではないかと思うのですが、朝のゴミ出しやコンビニに朝食のパンやおにぎりを買いに出掛ける所をどこか影にかくれて、張り込んでいるのでしょうかね?そうでもしない限りは、無施錠の家を見つけること自体が大変なように思われるのです。

ところで近年では空き巣犯罪だけでなく、どこかの国の窃盗団による強引な窃盗犯罪が多くなっているようですね。従ってピッキングを始めとして、バールによるこじ開けやドアにドリルで穴を開けてサムターン回しを行って侵入するという手口が多くなっているようなのです。そして、窓破りも侵入手口として多くなっているので、窓の防犯面を強化する必要があるでしょうね。

ちなみに我が家の場合には、ピッキングによる玄関ドアからの侵入でした。しかも、ディスクシリンダー錠というピッキング被害の最も多かった錠前を使用していたのです。もちろん、今ではそんな錠前は製造されてはいませんし、防犯性の高い錠前と交換するようにということを伺っておりましたが、まさか!我が家が空き巣被害に遭うとは思ってもいなかったという過信が大きな要因でもありましたね。そこで、早速ディンプルキーに交換しました。従って、玄関ドアの錠前がピッキングされやすい錠前の住宅は、速やかにディンプルキーなど防犯性能の高い錠前にすべきでしょうね。

それと、補助錠も取り付けるべきでしょうね。この補助錠に関しては、窓ガラスにも取り付けるべきでしょうね。最低でも、窓ガラスに補助錠を取り付けている場合には、クレセント錠を解錠しても窓から侵入することが不可能です。そうすると、空き巣も退散するでしょうね。